読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

脱衣所

今年、年頭の目標のひとつにあげた脱衣所をなんとかする!という話。
3月にして達成〜♪今年の私はヤル気が違う(笑)。

先日チラとここに書いた、青と白の壁紙を使いました。
去年、その場しのぎ的にいじくりまわして、あんまり気に入ってなかった状況
その後使い難かったボックス型棚の上の板を外し、洗剤類の出し入れは少ししやすくしましたが、一層その場しのぎ感が強くなりました。

ま、ぱっと見はどこが不満なん?っていうくらいの凌ぎ方ではあるのですが、やっぱり自分が気分悪い…。あと、ただでさえ狭苦しい脱衣所なのにカゴやソフトバケツが床に並んでいて一層狭くなっていたり。なんとなく不満。壁紙の貼られていない部分を隠そうとランダムに貼った鏡もなんかなーという気分。なんとなく納得いかないことが3つも重なると、すっごく納得行かない気分(笑)。
で、とりあえず。
泣きたくなるほど重たい洗濯機をヨイショと動かし(←これがなかなか着手できなかった原因)、すべての壁紙をベリベリ剥がして気合いを入れました。


それにしても防水パンってクセモノ。汚れはたまるし掃除はしにくいし…。いっそコレも外してしまおうか?と魔が差しましたが、水漏れしたら笑ってられないのでぐっと我慢。ここぞとばかりにガシガシ掃除。
あと、なかなか着手できなかった原因のひとつにスイッチ系の多さがあります。狭い空間なのにコンセントやら電気スイッチや24時間換気スイッチや水栓やら、計5個のパネルがあるのです…これらを外してまた取りつけて…メンドー。ついでに窓も…。窓は下だけは台になってるけど、左右と上は壁紙を織り込んで枠になるように貼らなくちゃいけない…こんなのできるのか?と、二の足を踏み続けて今日まで。
でも剥がしてしまえばあとはやるしかない!

というわけで、正面突き当たりだけを水色に。
残りの3面を白にして貼りました!かかった時間はまる2日。私にしてはすごく慎重に時間をかけて頑張った…。
白い棚レールを取りつけて、今まで使っていたボックス棚の板をカットしなおして使いました♪

棚は簡単に外せるので洗濯機ギリギリに置いてしまっても大丈夫。洗濯機を買い替えるときなんかは全部外してしまえばスッキリできる。
横に置いた2段のラックは思い切って新調。

棚の上にはコンポニビリのスクエアタイプ。もう一回りくらい小さいのがあったら調度良かったのだけどなー。リプロダクトのタイプでもいいんだけど、スクエアはリプロダクトがない…。高いっ。高すぎる!と思ったけど、壁紙貼りを頑張った自分には甘い…財布の紐が緩んでしまった…。

洗剤や入浴剤はここに全部押し込めて。前扉なので出し入れしやすくなりました♪オシャレなインテリアサイトとかを見ていると、洗剤はお揃いの容器に詰め替えて、素敵なラベルを手作りして、見せる収納…みたいなのとかが多くて、憧れるんだけど。でもそのままの容器でも洗剤と柔軟剤を間違えたりしている私には到底無理(←朝は寝ぼけているんだな〜)。隠す収納以外考えられない。
その上は奥行き15センチの棚を入れたので、ここは何かちょっと飾ったりしたいなあ…と思っているけど、今のところ飾るモノそのものがない(笑)。
微妙な青緑みたいな壁紙&白い棚にしたので、なんだか脱衣所だけ北欧風みたいになったりして。でもこれはこれで悪くない〜。なんだか色モノ(←そっちのイロモノじゃなくて・笑)に目覚めそうな予感。
あちこち失敗も実はあるのだけども、頑張ったからヨシです。自分でやれば愛着湧くし。
アレコレ買ったけど、しめて予算35000円(コンポニビリがなー・涙)。



今回購入したあれやらこれやら。
壁紙はいつもの壁紙屋本舗さんの生のり付き。

棚レールを購入したノナカ金物店さんはプロ用のモノも1個ずつ購入できるので、私はDIYですごく頼ってる(笑)お店。

洗濯かごはディノス。これのバスケットホワイト版を買いました。サイズ的に選択肢がほとんどなくてコレにしてしまったけど、なんとなくコストパフォーマンスの悪さを感じます…。

コンポニビリは正規品だけど、パーツをバラバラに購入できるコチラで買ったら、結構安くなりました。それでも勇気のいる買い物であった…。

本当はまるいのが良かったんだけどなー。径と高さの兼ね合いでまるは置けず…(涙)。

このランドリーとスクエアは重ねられるらしい…ということを後から知って、ちょっぴり後悔。これを使う手もあったかもなー。でも4人家族にはムリなサイズだろうか…。

なんにせよ。これで当分行ってみよう〜。
でも実家の母に「この剥き出しのところはいつになったら壁紙を貼るの?棚付けちゃったら貼れないじゃないの」と言われたのはショックだった(涙)。青い壁紙のところ、石膏ボードが剥き出しになってると思ったらしい。ヒトの美的価値観ってサマザマ。親子であっても決定的に相容れず、理解されない部分てあるんだよね。かなり凹んだわー。
でも子供たちが「わ〜オシャレ」「フランフランとかみたい〜」「っていうかカフェ?」などと空気を読んで気を使って言ってくれたのでヨシとする(←立ち直り早い)。