読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

デッキ拡張計画2(その後の金吾と刑部様)

金吾はあれ以来まったく何の連絡もしてきません。

この仕事を成立させたいと思うならば、「見積もりみてもらえましたか?」の一言くらい留守電に入っていても良さそうなもん。

そもそも日よけ設置の見積もりが入っていないんです。で、金吾は「今ついているパーゴラの型番がわからないので見積もりができない。今度メーカーの者に直接現場を見せたいので連絡します」というのが最後の伝言。

あれからさらに10日経ってます。最初に連絡取ってからは早2か月。我が家では金吾はこの仕事を請け負いたくないのだと判断。金吾完全脱落となりました。ま、デカイハウスメーカーの外構部門なので、こんなちまちまとしたウッドデッキの工事なんて面倒で嫌なんでしょうね。もっとドーンとブロック塀積むとか、植栽を何百本も売るとか、そういうことをしたいんでしょう。

ということで金吾とのご縁もここまで。

 

 

さて、そうなると刑部様の出番です。打ち合わせをして1週間、サクっと2つのプランを作ってきてくれました。現状の部材メーカーのものを使ってのプラン。独自の自然木使用プラン。メーカーものについては値引き率までキッチリ明示。今ある敷石だとか、砂利だとかを(処分するとそれだけでもお金がかかるので)活用してのプラン。

自社の施工例を見ながら「これがNICOさんちと同じようなケースの仕上がりです。人工木のデッキに自然木を足すとこうなります」と、イメージもバッチリ。

「植栽も抜いてしまってももちろん構わないんですが、立派なものなので処分するのはもったいないですね。今のまま生かすやり方もありますよ」と、軽く我が家を褒めつつ(笑)、別案の口頭提示もあり。

そして「正直、結構な金額なんです。こんなお見積り、お出ししても良いものかどうか気が引けるんですが…」と前置きしてからの見積もりどーん。

 

なんと金吾の見積もりより安い。

 

正直なところ、柵、雨除け、日除けが含まれていない金吾の見積もりを見てある程度の覚悟は決めていたので、逆にビックリ&安堵。いや、見積金額については、金吾が悪いわけじゃないと思う。メーカー品の値引き率とか、会社的に決められた経費とか、そういうのは金吾の所為じゃない。大手に頼む安心料みたいなものもきっとある。それにしたってね。

因みに刑部様は「この柵はちょっとお値段が張り過ぎるので、こういうタイプにしては?」とか、「日除けはこういう方が使いやすい上にお安いですよ」と、更なる提案がいくらでも出てくる…。ドラえもんのポケットか?

刑部様の頭の中には各社のカタログや施工例が山ほどインプットされていて、こちらの条件や好みを入力するといくらでもアウトプットされてくるという状態。こうなると、格段に「やって後悔するんじゃないか?」という心配が減ってきます。

「今まで自力でできるんじゃないかと枕木敷いたり、敷石敷いたり、芝生植えたり、固まる土を入れたり、いろいろ試行錯誤やってきたんですよ。それに使ったお金、全部足したら今回の工事費くらいになりそう」と、思わず私がこぼしたら。

「それは無駄ではありません。すべて経験です。いろいろなパターンの良いところや悪いところをわかった上で今回のご依頼になったのだから、きっと後悔しない施工になりますよ。弊社としても嬉しいことです」

と、愛ある営業トーク(笑)。いやいや、営業トークにしたって含蓄があるってもの。

 

こうなってくると、治部様の心境でして。刑部殿ならばなんとかしてくれる!という気分に。

そう、これはまさに治部様の心境。自分で頑張ろうと思っていたけど限界!力を貸して!知恵を貸して!刑部様のこと信じる!みたいな。

なんていうかね、単純ですけど…「刑部様のためならお金を払いたい!」という気持ちにさせてくれるプレゼンテーションなのでした。

さて、そんなわけで、いろいろ話していたら欲が出てまいりまして(笑)。コレを辞めて浮いたお金でここをこういうふうに施工してもらったら?みたいなアイディアまで出てきました。

新たな案は次の週末にいただける予定。「拡張計画3」を来週お送りします。