読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

ヨーグルトを失敗する

食べ物彼是

牛乳に種となるヨーグルトを混ぜてセット。温度を40度にして7時間待つ…というだけの作業なのにヨーグルトが作れないこと2回(涙)。
1回目は、コストコで買ったギリシャヨーグルトを使ってみたところ、ヨーグルトドリンク状のものが完成してしまい、仕方なく子供たちに朝飲ませる…。温度設定間違えてたかな?とか、種が少なかったかな?とか、ギリシャは無謀だったかな?やっぱりブルガリアかしら?なんて思いつつも、原因わからず。
今度はごく普通のプレーンヨーグルトでトライ。
待つこと7時間。
今度は少し酸っぱいだけの牛乳が完成。もはやこれはヨーグルトではない!サラサラだし、種ヨーグルトが小さな塊となって混ざってるだけだし。試しに飲んでみたけど、ただの酸っぱい液体で牛乳らしさもなく…(涙)。追加で2時間温めたところで変化ないし…。何がいけないのっ!いろんな条件がありすぎて、ドコに問題があるのかわからなーい!
牛乳はちゃんと生乳100%のにしてる!特濃とか低脂肪じゃないし!と、説明書を見てみたら。


「低温殺菌乳は使えません」


低温ってどれくらい?と、ラベルをガン見したところ、HTST殺菌、72度で15秒…って、これもしかして低温?(←低温の概念がわかってない)とりあえず、前に作って成功したときの牛乳の空きパッケージを紙ごみの中から探し出してみたところ、130度2秒って。この違い?これが原因?
なんかもういてもたってもいられず、コンビニへダッシュ!新しい牛乳を買ってきてすぐさまセット!なんかもう理科の実験気分(笑)。思えばヨーグルトメーカーが到着したその日、すぐに作りたくてコンビニへダッシュしたんだったっけなあ〜。それでいつも飲んでる生協のじゃない牛乳使ったんだったっけ。
結果。
ちゃんとできた…。
もう〜生協さんたらHTSTとかかっこいい感じじゃなくて「低温!」って書いてくれたらいいのに〜(涙)。というわけで、調べてみると生協の牛乳はどれも使えないことが判明。
これからはヨーグルトのために別途牛乳を買いに行く!
たかがヨーグルト、されどヨーグルト。