読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

Dutch baby♪

柄にもなくおしゃれなタイトルつけてみました(笑)。
先日、とあるカフェでいただいたんです♪千葉(しかもかなり大自然の中にあるお店)なのに、表参道とかにありそうな見た目に感動(笑)。

f:id:foolontheplanet:20160828091630j:plain

f:id:foolontheplanet:20160828091918j:plain

フライパンじゃなくオーブンで焼いてるのだそうで、上に野菜がてんこ盛りになっててお食事としてもいけそう!ということで食べてみました。
美味しいです。
でもやっぱりパンケーキは甘いデザートの方が良さそう…(もちろんフルーツとかの甘いメニューもあった)。ふわふわもちもちの生地なんだろうけど、具がいっぱい乗ってる所為か(片方はトマトソースだし、片方はドレッシングをかけて食べるので)、湿って沈んで結果的に水分含みまくって柔らかくなったピザみたいな感じ…。途中から、サラダとパンケーキで良かったのではないか?普通のピザを頼めば良かったのではないか?と、いろんな思いが頭の中を駆け巡りましたけど…。
でも人間不思議なもんで、オシャレなものを食べているという気持ちだけでキレイに完食(いや、だから別に不味いわけじゃないんですって)。
あ、でもスキレットで焼いてるから、いつまでも死ぬほどアツアツなのはとてもよかったです。



でもって。
へえー!オランダ人はこんなパンケーキを食べているのか~と、思って後から調べたら別名はジャーマンパンケーキだって言うし、ドイツ生まれ、アメリカ育ちだって言うし、どこにもオダンダが絡んでない模様…。
同じことを思った人は山ほどいるらしく(笑)、検索すればするほど「ダッチなのにドイツ…?」という記事がいっぱい~。

とあるサイトによれば、シアトルのドイツ移民のお店で出されたのが最初だそうで、オーナーの娘さんが発案者だそう。で、彼女がドイツを意味するドイツ語のドイッチュ(Deutsch)が発音できず、ダッチになったのだと…。なるほど納得。ただ、発音できなかったんなら最初から英語でGermanと言っておきゃー良かったのではないか?という気がしないでもないけど、ドイツ語で表現したかった心意気に拍手♪
いやまて、そうなるとドイツにもこんなパンケーキはないということになる…。いいのか?これで???
ま、いいか。


次食べるときには甘いほうを食べよう…っていうか、普通にフライパンで焼いたのでいいんだけど…。