読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

不具合浄水器編

我が家の不具合シリーズ浄水器編です。
うちは一応ビルトイン型(シンクの下に本体が入っていて、普通の水道のように蛇口が上についているタイプ)をつけております。年に1回、でっかいカートリッジを付け替えるだけなので、メンテナンスもラクチン♪
ですが、最近蛇口をしっかりしめてもポタポタと水が垂れるように…。
ポタポタの速度が日に日に増していくので、ためしに蛇口の下にコップを置いてみたところ、ほんの10分〜15分くらいでいっぱいに!こりゃーいかん!最早限界!と思ってメンテナンス。

もうどこが悪いかはわかってます。
実は4年くらい前にも同じことが起きているんです。
(と思って過去記事を確認したけど、記事にしてなかったらしい)

悪いのは内部の部品(後にスピンドルという部分だと知る)。蛇口の内部に入っていて、くるりと回すことで水の流れをコントロールするもの。これがだんだん磨り減っていって、水がポタポタ出てしまうんですね。経年劣化なので、最早これは取り替えるしか対処法がありません。ですが!取替えさえすればよいので寧ろ悩まなくて良いので助かる♪

ただ、ちょっと4年前の記憶が蘇って憂鬱に…。
浄水器メーカーに聞いたら、
部品代が4000円弱(←記憶は曖昧だけどこんなもん)
工賃が3000円くらい(←記憶が曖昧だけどもうちょっと高かったかも)
出張費が7000円くらい(←記憶が曖昧すぎてアレだけど、まあこんなもん)

要するに、合計15000円くらいのことを言われたんですね。
「はあ?こんなもん部品さえあれば誰でも簡単にできるじゃん!」と思った私はやんわりと「部品だけ売っていただけませんか?」とお願いしたんですが、窓口のお姉さんは「一般の方にはできない工事になりますので」と。絶対そんなワケない!そりゃ自分でやりたくない人や、そういうのは苦手で恐ろしい!っていう方もいるでしょうから、それはそれでいいんです!でも「自己責任でやりますから」と言っても「無理です」と聞く耳持たず。
私咄嗟に「実は父が工務店関係の仕事なので、部品さえあればできるんです」と嘘をつきました…。そう…世の中には必要な嘘もあるものさ…。(一応言い訳しときますと、父は工務店関係ではありませんが一人で基礎からログハウスを建てる男で、仕事柄電気工事の免許は持っておりました…ので、真っ赤な嘘というほどではなく、ピンクの嘘くらいの感じ)
そこまで言ってはじめて「そうですか。わかりました」という返事をいただき、部品だけ送ってもらうことに成功〜。送料と代金引換手数料が掛かったので、計5000円くらいは支払ったけど、それでも随分出費はおさえられました!

でも…。
またあのやり取りを再現するのか?
しかもピンクの嘘の主役である父はもういない…(それはあんまり関係ないか?)。
あのとき2つ送ってもらえばよかった…とか、今更なことを考えつつ探す…。
何ワットの電球!みたいに規格がハッキリしているものでもないので、いまいち要領を得ず…。ホームセンターの水道用品コーナーにも似たのはあるけどどうも違う…と、諦めかけたそのとき!


カクダイ クォーター上部(R) (070-001)

ジャーン!最早どんな検索キーワードでヒットしたのかも思い出せませんが、これがそう!たぶんそう!きっとそう!
と、ガン見しまくりの上、「もしも違っていたとしてもこのお値段なら後悔しない!」と、ポチリ。あす楽で翌日にはサクっと届きました。
とりあえず元栓をガシっとしめて水が出ないようにしておいて、ツマミのところをオープン!迷わずネジもオープン!スパナでスピンドルをグイっとオープン!
これ〜これよこれ〜!ピッタリバッチリ。ものの5分で修理完了!
お値段、送料を含めても2000円ちょっと!
私ってばなんてデキる主婦なの!10000円以上節約したわ!
と、テンションあがるあがる♪父ちゃんやったよ!私!

というわけで、悲しい出来事の多い不具合シリーズですが、浄水器の蛇口につきましては財布も心もほっくほく♪一件落着でございました。

※4年後にこの記事を検索することになるであろうと思い、品番まで詳細に記しておいた次第です。