読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

掌サイズ

猫彼是

皆様お暑うございます…。夏休みに入って早1週間。
小学生のいる夏休みは、なんとなく家でグダグダな毎日…でしたが、次女も中学生になり今年は部活部活!であんまり家にいません。
去年はホームステイで家にいなかった長女。今年は〜と言えば、毎日夏期講習&部活でやはりほとんど家にいません。今まで全然知らなかったんだけど、私立高校って無料で夏期講習してくれるんですね…。普通に朝登校して授業、お弁当を食べてまた授業、放課後部活…って…これ夏休み?
まあ、わけわかんないですけど、そんなこんなで結局普段とかわらない生活をしております。相手してくれるのはワンコたちくらい…ま、それが一番平和か?


そんな我が家にちょっとした騒動が…。

見えますか?ズームアップしてみると!

猫ちゃん!!!それも掌サイズの仔猫ちゃん!
一昨日の夜あたりから、隣家との境目あたりからやたらとニャーニャーニャーニャー聞こえてきていて、「ドコの子だろう?」とは思っていたんですが、ここまでミニサイズだったとはっ!生まれてひと月かそこらだと思われます。ずっと姿は見当たらなかったんですが、勇気を出して庭に回ってきたらしい…。
お母さんとはぐれてしまったのか、ひたすらニャーニャー呼び続けていてむっちゃ切ない(涙)。しかもこの暑さ!生き延びられるのかどうか…。そもそもノラちゃんだとしたら、生き延びられたとしてもやはりこの住宅地での自由な生息はあまりヨロシイもんじゃありませんしねえ。悩みます…こういうの。
しばらく様子を見ていたけど、立ち去る気配もなく…。
もしかしたら一昨日泣き声が聞こえ始めた頃から何も食べていないかもしれん…と思い、とりあえずお水とニボシを出してみましたところ。

恐る恐るでしたが、お水を飲み、小さいニボシ3匹食べました…。(お水のトレーが巨大に見えますけど、10cmちょい程度のもんなんですよ。仔猫の小ささがわかるってもんでしょう?)
保護できればとりあえず獣医さんに診てもらおうかと思うのですが、やはり私が庭に出るとささーっと逃げてしまう…。どうしたものやら。
夜になって姿が見えなくなったので「もしかしたらお母さんが迎えにきたかも?」なんて淡い期待をしてみたんですが、明け方はやはりまたニャーニャーと切ない声。


で、とりあえず私、猫缶買ってきました(涙)。実家の母にも呆れられながら…いやあ〜だって、目の前にいたらやっぱり捨ておけんですよねえ…。
で、仮に保護できたとして我が家で飼えるのか?柴犬2匹いるけど?このままいくと動物屋敷になっちゃうよ…。
まあ、そういうことは後々考えるとして…仔猫ちゃんやーい!出ておいで〜と、朝から祈りながら庭を眺めているのでした。うーむ、胸がザワつくわあ…。