読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

年末の箱根

すっかり年も明けてしまって今更なんですが…年末1泊で箱根旅行に行ってきました。
一昨年、父が亡くなる半年ほど前に家族皆(我が家4人+私の両親+夫の母)で行ったとき、すごく良かったと大好評だった箱根。夫の母など小田原在住なので自宅から目と鼻の先なんですが、それでも高齢で出不精という彼女にとっては大旅行だったみたいで…。というか、それくらいの年齢になると“どこへ行くか?”よりも、“誰と行くか?”の方が大事みたい。皆がそろって出かけられるうちにという思いもあり、再びの箱根旅行に両家の母をご招待。
お天気カメラでお馴染みの芦ノ湖

残念ながら富士山見えず。
でもパワースポットで癒され気分。クリスマスに箱根神社…人はほとんどおらず閑散!これはこれでいいもんですよ。まじで。89段の階段を上ると厄(89)落としになるんだとか(89段落ちたら厄落としだと思うんだけどね…)。



お正月の準備もばっちりって感じの境内。ただお休み処がお休みというダジャレのような運のなさ。美味しいと評判の権現からめ餅が食べられなかったことだけが残念。

お宿はお部屋に露天風呂がついているという我が家にしてはプチ贅沢なセレクト。クリスマスだったこともあってお料理にこんな工夫が〜。

これ、お造りなんだけど見えますかー?


イカにツリーと星。ブリに雪の結晶。すごいかわいいー!些細なことだけどなんだか感動します。

箱根登山バスで私と娘たちが酔いまくり、高齢者2人と夫はピンピンしていたり。箱根神社の階段で私だけがゼエゼエしていて年寄り2人がサクサク上っていったりと、老人力をまざまざと見せ付けられた旅でしたが、概ね満足してもらえて良かった。
「こういう旅なら毎年箱根でもいいわね。次回は駅伝が見たいわ」
と、誰が言ったかはとりあえずここでは伏せておきます(涙)。