読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

昼食問題

先日テレビを見ていて、サラリーマンのお父さん方がお昼ごはんに安いお弁当を探して買っている…というのをやっていました。お弁当屋さんも過当競争が激しくなっていて、仕入れから何からかなり大変な状態になっているのだと…。いまや300円以下のお弁当もザラなんですって。そのサラリーマンのお父さんの後ろで家計をやりくりしている主婦だって大変なんだから、誰を責めることもできないのが不景気ってもんですよね。でも、一生懸命働いているお父さんたちが、揚げ物と炭水化物の安いお弁当を並んで買っていて、野菜食べてない…なんてなんだか悲しすぎる…。一緒に見ていた父がポツリと、「これじゃあお腹はいっぱいになったってヤル気出ないだろう。仕事の質も下がるってものだ。日本の未来は暗いよ」って。「お父さんには一品多くつけましょう」っていうような昭和的な考え方だとは思いますが、でも否定できない…。


で、ふと思う…。
うちはどーなんだろう?一応それなりの金額をお小遣いという形で渡し、ボーナスだとか出張だとかの度にプラスアルファを渡しておりますが、それでも必死にやりくりして安いお弁当を買っているのだろうか?テレビのお父さんたちの後姿が気の毒すぎて、私、長らく据え置きだった夫のお小遣いの金額を自主的にアップしてしまいました(汗)。
夫はサラリーマンですが、流行のオシャレでヘルシーな社員食堂などはない会社なので、お昼はどこで何を食べているのか私は知りません。因みにかつては私も同じ会社でしたが、その頃はまだバブルの余韻のようなものに浸っていた時代で、20代女子がそんなに貰ってんの?と当時でも若干驚かれるようなお給料で。暇なときは優雅にホテルランチ。忙しいときは昼も夜もカップ麺。しかし徹夜明けにはホテルの朝食バイキング…。というちょっと滅茶苦茶な生活ぶりだったので、今となっては参考になりません…。


というのは前置きで。テレビの影響で珍しく優しい気持ちになった私は勇気を出して聞いてみました…夫に。
「いつもお昼何食べてるの?」って。
そして回答がいきなりコレです。
「あ、あのね、いや、お昼は控えるようにしているんだよ」
答えになってなーい!!!何を食べているのか聞いているんだよ!近所の定食屋なのか、取引先との会食なのか、はたまたコンビニ弁当なのか!そもそも何をそんなにビクビクしてんの?私に「いいもん食べてんのね。羨ましいわ」とイヤミでも言われると思っていたのか?
「控えるって何?カロリー?量?金額?」
「ん。まあ忙しくって、あまり外にも食べにでられないんだよね」
「で。結局何食べてんの?」
「あ、会社の前に売りに来るお弁当屋さんがあってね、そこのがまあ割と野菜が多めで…。あとコンビニでサラダとかおにぎりとか、あとはええと」
何故そんなに濁す感じ?
「もしかしてお金が足りなくて仕方なく?」
「いや、いや、夜飲み食いするから、昼はちょっと」
職業柄、ほぼ毎日飲んでおり、ほとんど午前様です。健康のために昼は粗食にしていると寧ろアピールしているらしい。
「健康のためにそんなことするんなら、夜の飲みを控えればいいのに」
思わず私も不満が…。たぶんこれを言われたくなかったんでしょうね。
別に早く帰ってきて欲しいなんて、思っちゃいません。そんなことケッコンしてこの方一度も望んだことありません。でも健康はやはり気になります。一応私もヨメですし(笑)。でもこの粗昼食が健康に良いとはとーてー思えませんっ。健康というよりも、そこで削ったお金で飲みに行きたいのだということがバレました。ついでに家が潰れるほど本を買いたいのだということもバレてます。
だからこそ、ビクビクした返事になっているのです!そうでしょう!夫!


バカタレ。勝手にせい!と言いたいところですが、ヨメとしてはそういうわけにもいきません。
きちんとしたお昼ご飯を健康的に食べて欲しい!贅沢は困るけど、美味しいもの食べて元気にお仕事頑張って欲しい!それなりに部下もいるんだから、あんまりみすぼらしい姿を晒さないで欲しい…。いや、最後のはただの見得だけど(笑)。でも上司があんまりみすぼらしいと部下だってモチベーションあがらないじゃないですか!たまには部下にランチをおごるとか、差し入れするとかしないと!!!好かれて欲しいわけじゃないけど、ちょっと憧れるような上司の姿ってのがあると、若者だってヤル気がでるってもんでしょう(って、イマドキの若者は上司とランチなんて迷惑らしいですね…涙)。
という、自分内方程式はさておきまして。
兎に角!
お昼ごはん代として500円貰いつつ、200円のパンで済ませ、300円を小遣いとして溜め込む…という高校生みたいなことをアラフィフのおじさんにしていただきたくないーーー!それじゃあ日本の未来が危うい!
と、自分の中でかなーり昼食問題が盛り上がっていた今日この頃でして。


でね。先日のお葬式の帰りに高速のパーキングでのこと。フードコートで食事をしていると、隣の席にサラリーマンのおじさまが4〜5人。皆さんラーメンだのうどんだの、いろいろ買って食べてらっしゃった中に、お一人…手作り弁当の方が!無料のお茶を飲みながら、召し上がっているそのお弁当の美味しそうなこと!
そうか…今って、手作り弁当こそが本当の贅沢なんだわ。夕飯の残りだろうとなんだろうと、家で作ったものを詰めて持参するその姿のなんとステキなこと〜。決めました!弁当作ります!結婚15年にして初の愛妻(悪妻?)弁当です。幸いなことに、夫は朝が遅い(なにせ夜が午前様だから)。早起きしなくても間に合う!ならば作ろう、作ってみせましょう!


ということで、早速お弁当箱購入(カタチから入る・笑)。作ってますよー!今週から(笑)。ま、私自身が忙しくて朝早く出てしまうときなんかはパスするつもり満々ですが。
ええ、それを何故ここに書いたのか…。自分を追い詰めるためです(笑)。三日坊主にならないよう、とりあえずやってみよう!と、ここに宣言してみた次第です。
そしてふと気付く…勢いで値上げしたお小遣い…元に戻すべきだろうか(汗)。