読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

VSオマーン

久々に「うわー」とか「ぎやー」とか騒ぎながら見てしまったW杯一次予選。でもいいのよ、勝てばいいの勝てば(笑)。
それにしても、あれだけ暑い暑いと報道されるオマーンで日中の試合…なんで夜やらないのかなあ?オマーンの選手は暑さになれているとは言ったって、涼しい方が楽でしょうに。双方楽な気温よりも、暑い中やって日本をバテさせるほうがアドバンテージがあるってことなのかなあ?よくわかんないけど、大変すぎる(涙)。そして、その分プレーが面白くなくなる気がする…。もう最後の方なんて皆バテバテだったし。
でも、そんな中でも勝てたのはすごいなー!高徳!あの場面でよく自分で突破する方を選んだもんだと、もはや引き分けを覚悟して、自動的にパス出すと思っていた私はなんだか一人でびっくりしてポカーンとしてしまいました。無意識に引き分けと決め付けてしまっていたみたい…。いかんなあ。
でもそれをヒールで逸らしたヤットさんは本当にすごい。そしてそこに必ずや顔を出している岡崎もすごい。結局すごい人いっぱい…な見ごたえある試合になっていた…。そして采配があたったザック…。てか、清武は代表初ゴールだったのね…知らなかった…。いやーいいなあ!決まった選手が決まった活躍ってのも磐石って感じで気持ちがいいけど、新しい人が台頭してくるのは頼もしくてよい!これからがますます楽しみになる!


そしてオマーンサポ。同点に追いついて発炎筒たいて騒いだのに、日本が再びリードしたら誰も応援しなくなり、帰りだしたー!ほんとにサッカー楽しんでる?って聞きたくなっちゃうよ…。ま、お陰で日本の応援が急に聞こえ始めて嬉しくなったけど。
こんなこと言っちゃいけないのかもしれないけど、やっぱりW杯にはサッカーというスポーツを心から楽しみ、心から愛し、そして良い試合をしたいと思っているチームや国が出るべきだと思います。


それにしても、最近海外の試合だとセルジオさんが現地にいかないので、その分松木さんの騒ぎっぷりがハンパないような気が。松木さんの隣にはセルジオさん!辛口ぼやき節があってこそ、松木さんの酔っ払いサポーターみたいな盛り上がりが生きるんじゃないのー?
てか、もう解説は名波で良いような気がします…。