読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

まさお君

次女にせがまれて本日は映画館へ。
次女がどうしても見たかった映画は「LOVEまさお君が行く!」。以前から妙に動物好きで(虫はダメなのに)動物関係の本ばかり読んでいる次女。昨年コテツが我が家に来てからはさらにそれが加速して、毎日毎日動物ネタばかり。
そんなわけで行ってまいりました、まさお君が行く!
結論から言うと、なんだかんだで面白おかしくそして泣いてしまいました。話は特にひねりがあるわけでもなく、深みがあるわけでもなく、売れない芸人の松本くんと、動物プロダクションでは最低ランクのバカ犬まさお君が、ギャラが安いという理由だけで二人旅の番組に出演し、むちゃくちゃな珍道中に批判の声も多い中、いつしか心通わせあうようになり見ている人の心を和ませるような楽しい番組になっていく…しかしやはり相手は犬だから先に死のときがやってくるわけで…という。笑いどころも泣きどころも全部わかりやすく展開してくれるまさに「コドモ向け」優良映画。
で…大人の私も泣いたと(笑)。
もちろん子供たちも泣いておりました。映画やドラマではまず泣かない次女が泣きました!やっぱり動物は強いなー!


別ブログで映画やドラマの感想も書いている私ですが、なんだかこの映画見たらいちいち細かいことにアレコレ感想書くのアホらしくなってきてしまいました。単純でいいじゃんね…動物と子供はうんたら…っていうのがあるけど、動物で感動できて泣けるんだからソレでいいじゃん…みたいな気分。伏線がどーしたこーした、人物像の深みがあーたらこーたらなんてことはとりあえず脇においといて、なんだかワンコのつぶらな目線だけで泣けちゃうワン…という。
ま、どの映画もこんな単純さだったらつまらなくなるのは目に見えているんだけども、たまにはいいんじゃないかなーって思いました。



でもま、私が一番くぎづけになったのは「鍵泥棒のメソッド」の予告。
そうか〜もうそんな時期なんですねえ。あと2週間で夏休みが来て、40日間の夏休みが終わって、それから2週間経ったら公開だ(←つまり結構先)。楽しみです♪