読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新 お気楽日記

日常を徒然なるままに。

ウッドブラインドとりつけ

前に「ウッドブラインドを買った〜。届くの楽しみ〜」なんていう記事を書いてから随分時が経ってしまいました。とっくに取りつけていたのだけども、なかなか記事するパワーが湧かず(笑)。

このブログでもしばしば登場する、ダイニングキッチンの前の2間幅の掃きだし窓。ココに取りつけました。(写真は随分昔のだけど)

もともとは風も通るスケスケの網戸っぽいプリーツスクリーンを下げて、その上に遮光ではないドレープカーテンを重ねていたんですけど。

これはこれで和の雰囲気もあって気に入ってたんだけども。この冬ちょっとした事件がありましてね。
あるときカーテンを閉めようとしたら、「おや?」と。下の方に野球のボールくらいのサイズの焦げが…。完全に穴開いてました(涙)。位置的に間違いなくストーブ。今年は電気を使わなくても点火できるようにと、ガスファンヒーターをやめて、ガスストーブにしていたのです。そこにヒラヒラっとくっついて、焦げたみたい。それなりに距離はとってあったんですけどねえ。何故そんなことが起きたのか…。


犯人はコイツですよ…。


ドレープカーテンは結構なボリューム。その中に潜りこんで遊んでいて、きっとヒラヒラっと触ってしまったのだと思います。むっちゃ高いオーダーカーテンだったのにー!と騒いだところで始まらん。ワンコに罪はないし、何よりキケン過ぎる!飼い主・家主の怠慢です(涙)。
というわけで、どうすべきか悩んだんですが最早カーテンの選択肢はなし。コテツの力でヒラヒラしたりバサバサしたりするものも却下。で、行きついたのがウッドブラインド。
取りつけた感じはこんな…。

昼間↓

夜↓

思った以上に高級感あり、重厚感あり…で、なんかウチじゃないみたい(汗)。家族はみんな「おお〜かっこいい〜」と概ね高評価なんですが、私の感覚からするとなんだか殺風景に拍車が掛った感じ(笑)。昼間スラットを開いたときはすごく雰囲気があって素敵だし、全開にするとスッキリとしていて気持ちがいいんですけども。夜がなんだかちょっと殺風景なんです。ソファーとかダイニングセットが、割と華奢で軽い感じのものなので、窓周りだけが妙に重厚でバランス悪っ。背の高い観葉植物でも飾って色味を足すとか、ソファーカバーやダイニングの椅子のカバーをはっきりした色のものにしたりして、少し他もいじらないとバランス取れない感じです。とは言ってもそうそう簡単に変えられないしなあ。ない袖は振れん…。
そんなわけで、窓だけ見たら大層かっこいいのだけど、全体で見るとなんだかなー…な気分でして、記事にするのに時間がかかってしまった。
これからなんか考えます。時間かけて試行錯誤するのもまた楽しいし。そういうのをイジリ倒しているときが実は一番楽しかったりもするからヨシとしよう(笑)。